SD120(バーコードリーダー)を仮想シリアル通信で利用する

昔、図書館でバーコードリーダー使ってるの見て格好いいなーって思っていた、からすです。

今回はAmazonで安値で売られているSD120を用いてバーコードを読んでみたいと思います。

2018年3月8日現在、\2,870円です。

USB接続のバーコードリーダーでこれと言った特徴は無いです。

もう少し出せばBluetooth対応だったりと利便性向上したのが買えたりしますが、遊んでみたいだけなので、マニュアルも揃って安価なSD120を買いました。

取り合えず何も考えずWindows10機に挿した所、HIDデバイスとして認識されました。

この時点で特に問題もなく認識されたので、音量下げ等設定して動作確認完了とします。

さて、本題の仮想シリアル通信ですが、付属の日本語マニュアルに書いてなかったので、Champtek社のマニュアルからやってみたいと思います。

http://www.champtek.com/en/product/48

11ページのVirtual COMがそうですね、8ページのフローチャート通りに

設定開始→Virtual COM(%0088)→設定終了→パラメータセーブで終わりです。

 

設定終了した時点でVCOMが認識されたとWindowsが教えてくれました。

早速、Teratermから当該ポートを選択して確認してみます。

読めました、これでプログラムに組み込むのが容易になるかと思います。

IntellijでJavaプロジェクトの構築メモ

前提としてIntelliJとJavaがインストールされていること。

メニューからFile→New→Projectを選択

Gradleを選択してJavaをチェックしたままNext

GroupIdをArtifactIdを記載してあげます。

GroupId:ドメイン名を逆にしたものが一般的です。(ex:net.kagamikarasu.net)

ArtifactId:プロジェクト名です。

最後にプロジェクト設置個所を選択して終了。

プロジェクト構築完了後、src/main/javaにjavaファイルを設置

今回はnet.kagamikarasu.barcodereader.BarcodeReaderとしてHelloWorldを記載

次にbuild.gradleに下記を追加。

apply plugin: 'application'

mainClassName = 'net.kagamikarasu.barcodereader.BarcodeReader'

※mainClassNameはMainクラスまでのパスを記載

最後にメニューのRun→Edit ConfigurationsからGradle Projectにプロジェクトを選択。

Tasksにrunと記載

Applyして設定を終えた後、実行することでHello,World実行されるかと思います。