SOLDOUT2市場情報サイト Chrome拡張機能

SOLDOUT2市場情報サイトのChrome拡張機能を追加しました。

https://chrome.google.com/webstore/detail/soldout2%E5%B8%82%E5%A0%B4%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%A4%9C%E7%B4%A2/jmopmjcpejgaenakebodgoecopdcncbb

出来ること

ワードを選択して右クリックする事で市場情報サイトの商品から検索することが出来ます。

使い方

  1. 当拡張機能をインストールします。
  2. 適当なワード(商品名が好ましい)を選択して右クリック
  3. 『SO2市場情報 – 商品名から検索』をクリック
  4. 新しいタブが開かれ検索されます。

SOLDOUT2本家サイトで使用する場合

  1. ホーム→設定→全体→『テキストコピー可能』にチェックを入れます。

以上です。

openjdk-9にてElasticsearchが起動しなかった時の解決方法

Elasticsearchを新規インストールした際に起動しないなーと思って、

journalctl –unit elasticsearch

を確認してみても、ヒントも得られなかったので

/usr/share/elasticsearch/bin/elasticsearch

を叩いてみた所、下記エラーが出ておりました。

[0.000s][error][logging] Invalid decorator 'utctime'.

githubに解決方法載ってました。

どうも、java9のバージョンが古く対応していなかったみたいなので、

OpenJDK-9からOracle-JDK-10に変更して対応しました。

Oracle-JDK-10に変更の記事はこちら

UbuntuにてJava10を導入する(Oracle JDK)

既存環境

まず、現Java環境がどうなっているか見ておきます。

java -version
openjdk version "9-internal"
OpenJDK Runtime Environment (build 9-internal+0-2016-04-14-195246.buildd.src)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 9-internal+0-2016-04-14-195246.buildd.src, mixed mode)
javac -version
openjdk version "9-internal"

ダウンロード

Oracleからjdk 10を落としてきましょう

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

落として来たら解凍して/usr/local/libに移動してあげます。

tar zxvf jdk-10_linux-x64_bin.tar.gz
mv jdk-10 /usr/local/lib/

現行の環境に影響を与えないよう、すぐ切り替えられるように

update-altenativesを使用します。

パスの確認

which java
/usr/bin/java

登録

update-alternatives --install /usr/bin/java java /usr/local/lib/jdk-10/bin/java 10
update-alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/local/lib/jdk-10/bin/javac 10

切り替え

update-alternatives --config java

->今回設定したjavaを選択

update-alternatives --config javac

->今回設定したjavacを選択

チェック

java --version
java version "10" 2018-03-20
Java(TM) SE Runtime Environment 18.3 (build 10+46)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM 18.3 (build 10+46, mixed mode)
javac --version
javac 10

以上です。