ISBNコード(EAN13/JAN)をJavaで画像出力する

今回はJavaに文字列を引き渡しISBNコードを画像出力します。

早速、各種バーコードを取り扱うZXingライブラリを利用します。

// https://mvnrepository.com/artifact/com.google.zxing/core
compile group: 'com.google.zxing', name: 'core', version: '3.3.2'
// https://mvnrepository.com/artifact/com.google.zxing/javase
compile group: 'com.google.zxing', name: 'javase', version: '3.3.2'

下記がEAN13/JANを出力するコード例です。

makeEAN13に12桁の文字列を渡す事で、プロジェクト内に画像を出力してくれます。

13桁でも大丈夫ですが、最終桁のチェックサムが間違っているとエラーを起こします。(ちゃんと計算してくれているのですね)

void makeEAN13(String code){
EAN13Writer ean13Writer = new EAN13Writer();
try {
BitMatrix bitMatrix = ean13Writer.encode(code, BarcodeFormat.EAN_13, width, height);
BufferedImage image = MatrixToImageWriter.toBufferedImage(bitMatrix);
ImageIO.write(image, image_format, new File("barcode.png"));
}catch(IOException | WriterException e){
e.printStackTrace();
}
}

※出力されたコード

ISBN、EAN13、JANなどなど詳しい情報は別途調べて戴ければと思います。

カテゴリーJava

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です