Amazon Linux 2にMariaDB 10.2インストール

インスタンスを新規に立てた直後を想定

# 既存削除(postfixも削除されるので注意)
[ec2-user@ip-10-0-0-181 ~]$ sudo yum remove mariadb-libs
# extrasよりcommonとかlibをインストール
[ec2-user@ip-10-0-0-181 ~]$ sudo amazon-linux-extras install lamp-mariadb10.2-php7.2=stable

# yumよりインストール
[ec2-user@ip-10-0-0-181 ~]$ sudo yum install mariadb-server mariadb-devel
# 起動
service mariadb start

# 自動起動
systemctl enable mariadb

Amazon Linux 2にEBSを新規マウント

事前にVolumeを作成してEC2にアタッチが済んでいるところから

# アタッチされているものを確認
[ec2-user@ip-10-0-0-181 /]$ lsblk
NAME          MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
nvme0n1       259:0    0   8G  0 disk 
├─nvme0n1p1   259:1    0   8G  0 part /
└─nvme0n1p128 259:2    0   1M  0 part 
nvme1n1       259:3    0  10G  0 disk  ←これが新規にアタッチしたVolume
# ext4 フォーマット
[ec2-user@ip-10-0-0-181 /]$ sudo mkfs -t ext4 /dev/nvme1n1 
# マウント先のディレクトリを作成
[ec2-user@ip-10-0-0-181 /]$ sudo mkdir /mnt/mysql
# マウント
[ec2-user@ip-10-0-0-181 /]$ sudo mount /dev/nvme1n1 /mnt/mysql

# チェック
[ec2-user@ip-10-0-0-181 /]$ df 
/dev/nvme1n1      10190100   36888 9612540    1% /mnt/mysql